精力減退の対策の体験談をぜひ読んでみましょう!

 

ここでは精力減退の対策の体験談を依頼して集めてみました。
体験談の中にあなたに合った対策方法が見つかるかもしれないので、気になる方はチェックしておきましょう。

 

精力減退の対策で今話題のサプリはこちら

 

 

精力減退の対策の体験談 目次

 

 

組んだのは「食事療法」

 

精力減退が如実に感じるようになり、私が取り組んだのは「食事療法」です。体のすべての細胞は食べるものを元に築かれます。
独身という事もあり、食べるものや食べる時間も不規則、無制限という不摂生な形でした。

 

朝はカツ丼、昼はラーメン、夜は鳥のから揚げとビールみたいな事もしていました。営業職だからしかたない!と自分に言い訳じみた事件を言って気にしていませんでした。
体重もずいぶん太り、高コレステロール体質でした。血管に悪玉コレステロールが付着し血流が悪くなり、精力が減退していると考えました。

 

まずは朝はパン一つと野菜。飲み物は水にしました。昼は通常の定食ですが、ご飯は半ライス。夜は魚とビール1杯という形にしました。この対策で良かったのは極度に制限しなかった事です。ですので無理なくできました。

 

体重も落ち、気持ち的な面でも「精力回復」していると自信をもてました。悪かった点はやはり付き合いが悪くなりました。同僚や取引先との会食も減ったのが、悪かった点かなと思います。(40歳)

生活全般を改善する努力

30代も中盤を迎える頃から、何となく以前に比べて性生活へのエネルギーがこれまでのように十分に湧いてこない、という感じを持ち始めました。ちょうど、仕事も多忙を極めていた時期もあり、生活習慣は必然的に乱れだちでした。パートナーとの関係も次第にギクシャクして行ってしまいました。もちろん精力減退だけが理由ではありませんが、少なくとも主たる要因の一つだった、と今考えてみて痛感しています。

 

その後、別の理由から生活全般を改善する努力を重ねる時期が1年以上続きました。大まかに言うと、食事は菜食玄米を中心として肉は少なく魚は小魚にする、というスタイルに変えました。時々ファステイングを行うなど、食べ過ぎないように注意して生活を送るようになりました。体調改善が主たる目的でしたが、うれしいことに精力減退にもしっかりと効果があがり、新しい彼女とも関係を深められています。(38歳)

ジョギング(適度な運動)が効果的

以前は週に1回はあった夫婦の営みが、30歳を超えた頃から月に1.2回に減りました。自分で処理をしている訳でもありませんでしたので、単純に精力が減退してました。それを改善しようと思い、薬局で売っている亜鉛のサプリメントを飲み始め、同時に週に2回位のジョギングを始めました。亜鉛に関しては、用量を守り毎日飲んでいました。ジョギングに関しましては、最初は疲れたら歩いたりしながら5キロ位の距離を走っていました。

 

2週間程経過した頃には、5キロの距離を歩かずに走れる用になりましたが、特に精力が強くなった気はしませんでした。2ヶ月程経過した頃にようやく精力が戻ってきました。その後、亜鉛は飲まなくましたがジョギングは続けてます。ただ、精力は落ちていないので、亜鉛よりもジョギング(適度な運動)が効果的なのだと思います。(31歳)